DoromPATIO - Let's enjoy internet!!
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2002.04.20[土]
topPage
読書三昧
■ 読書三昧 その4
最近はケチケチ読書大作戦の消化数がめっきり減った。原因はApple iPodである。何故ならば出掛ける時は必ずiPod持参=音楽鑑賞=だから電車の中とかで文庫本を読まないのだ。となると文庫本を読むのは家に居るときに限られる。となると必然的に読む量は減るわけである。
タイトル
作者名
評価
至高権力(上・下)
ジョゼフ・ファインダー
マタレーズ最終戦争(上・下)
ロバート・ラドラム
マタレーズ暗殺集団(上・下)
ロバート・ラドラム
ホルクロフトの盟約(上・下)
ロバート・ラドラム
マトロック・ペーパー
ロバート・ラドラム
戻ってきた将軍たち(上・下)
ロバート・ラドラム
快楽の館
アーヴィング・ウォーレス
流血国家(上・下)
トム・クランシー&S・ビチェニック
欧米掃滅(上・下)
トム・クランシー&S・ビチェニック
針の眼
ケン・フォレット
エヴァ・ライカーの記憶
D・A・スタンウッド
◎◎
非情の日
ジャック・ヒギンス
黒の狙撃者
ジャック・ヒギンス
大列車強盗
マイケル・クライトン
狙撃
ブライアン・フリーマントル
神の狩人(上・下)
グレッグ・アイルス
匿名口座
クリストファー・ライク
ブロンドの処刑人
ダン・グリーンバーグ
合衆国を売った男
テッド・オールビュリー
検死官
パトリシア・コーンウェル
×
大戦勃発(1〜4)
トム・クランシー
全21巻(32冊)

寸評:ロバート・ラドラムはアメリカでは大ベストセラー作家だが日本では余り人気がないとのことだが、何作か読んでみると作品の出来不出来のばらつきが大きすぎるのが気になる。またストーリー展開が一元的なのも最近の流行じゃない。「エバ・ライカーの記憶」はいわゆるタイタニックものだが面白かった。掘り出し物だろう。ジャック・ヒギンス、ケン・フォレット、フリーマントルはどれも面白い。これから古本屋で在庫を探すのが楽しみ。
「神の狩人」も掘り出し物。これはいわゆる「ネット小説」なのだが、日本の同種の作品と違って筆者のようなネットにもコンピュータにも通じている人間が読んでも、内容(要するに技術的な部分の記述)がちゃんとしているので白けることがないのが良い。日本のネット小説の場合、作家がまるでネット音痴、コンピュータ音痴なので、読んでいると嘘だらけで苛々して来るのだ。
トム・クランシーの待望の新作は正直なところ期待外れ。もともと、クランシーは極右傾向が強く、かなりの白人偏重主義者だが、それが極まっちゃった感じ。クライマックスも余りにも中国(と言うかアジア人全般)に対する偏見及び蔑視が強すぎるので展開に無理がある。全体の情報量は例によって物凄いのだが日本人が読むと浸りきれないのである。
売れに売れているパトリシア・コーンウェルなので一作目(「検死官」)を買ってみたのだが、これも大外れ。最初の30頁ぐらいでやめてしまった。何故かというと、主人公本人の離婚だなんだの屈折した心理分析の記述が多すぎるのだ。こっちが読みたいのは殺人事件そのものに関連した話であって、主人公のぐちゃぐちゃした話を延々と語られても興醒めなのである。しかし、売れているんだから、世の中の人はこのぐちゃぐちゃが好きなのだろうか? 筆者には理解出来ない世界だ。
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
←
↑
→
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず