七不思議 - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2002.04.06[土]
topPage
七不思議 - DoromPATIO
■ 趣味嗜好編
「お袋の味」と言う言い方がある。相変わらずグルメブームのTVなどでは定番の言葉でもある。そして「お袋の味」と言えば「肉じゃが」が通り相場のようである。これが理解出来ない。何故なら、実家に居て、うちのお袋の手料理を食べていた28年間で「肉じゃが」はただの一度も食卓に載ったことがないからである。
「肉じゃが」と言うものを食べたことはあるが、筆者から言わせれば極端に肉が少なくて生卵のないすき焼きみたいなものだから、全然美味しいと思わない思えない。

肉じゃがで思い出したが、牛丼が嫌いである。屑みたいな牛肉を甘辛い濃い味のタレでごまかした味付け。ラーメンやハンバーガーがメジャーなのは判るが、牛丼もメジャーだというのは全く理解できない。一回だけ友人に付き合ってチェーン店に入ったことがあるが、一口食べてやめた。
一口食べてやめたと言えば、20年ほど前に同じく友人に誘われて浅草のもんじゃ焼きの有名店に行ったことがある。目の前でかき混ぜている段階で既に食欲は減退し、ほんの僅かを口にしただけでお絞りに吐き出した。あれは食べ物ではない。

筆者は日本茶を自分から飲むことは絶対にない。飲食店で出てきたら飲むから別に嫌いとか飲めないとか言うわけではないが、家で飲むことはないと言うことだ。これを知った人は必ず驚くか呆れるが、余計なお世話である。お茶は珈琲や煙草と同じく嗜好品なのだから完全に「好き嫌いの世界のアイテム」ではないか? だったら飲まない人が居ても構わないだろう。
しかも、仕舞いには緑茶は癌に効くとかまで言い出す。そりゃ結構。筆者以外の大抵の日本人は間違いなく日本茶を沢山飲むのだから、きっと殆どの日本人は癌にならないに違いない。

緑茶は癌に効くという話と同じだが、大抵の健康マニアは実はマッチ・ポンプである。つまり新しい健康ネタを仕入れると暫くはそれを実践するが、その人のライフスタイル全部が健康的なわけではないのだ。健康マニアみたいな人は大抵の場合健康じゃ無いというのも笑える。ご苦労さんである。

アカデミー賞もエミー賞もグラミー賞も日本レコード大賞も日本カー・オブ・ザ・イヤーも、所詮はそれぞれの業界のお祭りごとである。だから権威がある無いに関わらず、受賞作品が面白い映画だったり、名曲だったり、あるいは名車だったりするとは限らない。反対に「MIB(メン・イン・ブラック)」みたいな(抜群に面白いコメディーSF)作品がアカデミー賞を取ることは絶対にないし、バブル期最大のベスト・セラー車である「トヨタ・マークII(あれほど売れたんだから悪い車であるわけがない。筆者も乗っていたが良い車だった)」がカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたという話はない。勿論、橋幸男の「霧氷(1966年第8回レコード大賞)」は昭和を代表する名曲ではない。
つまり、受賞と作品(製品)の良し悪しには(たまたま一致する偶然を除き)実は相関関係がない。
なのに、世の中には「アカデミー賞を取った作品だからビデオ借りてこなくっちゃ」的な発想をする人が居ると言うことをつい最近知った。こういう人は、要するに自分に価値判断の基準がないと言うことになるわけで、その人がある程度以上の年齢の場合は、そのような発言をすること自体が恥だという意識すらない。筆者から見てこれほど不可解なことはない。

しかし、我が国の無節操極まりないブランド文化(ブランド・ブーム)は正にこれと同じ事なのだ。「一般庶民のコギャル=女子中高生でもLouis Vuitton」みたいなことになるのは「ブランドが付いていれば安心」と言うことの延長線上で起きることで、では何故ブランドかと言えば、大昔には「三越で買えば安心」と言うのと同じ事だからである。つまり買う側にモノを見る目が無くても、ブランドが付いていれば価値を保証してくれるから悩まなくて済むからなのである。

確かにLouis Vuittonもエルメスも(高いけど)商品は良い。間違いなく良い。トレンド(流行)に左右されず長く使える。しかし、今日本で売れている理由はそれじゃない。フランスに行けば判ることだが、パリに一週間滞在しても町中でLouis Vuittonやエルメスを(携えたパリジェンヌを)目にすることは無い。何故なら、フランス人の常識としてLouis Vuittonやエルメスは上流階級が持つものだから、素敵なチープ・シックがコンセプトのパリジェンヌはそんなものを持たないし、逆に言えば、Louis Vuittonやエルメスを持つ人はベンツで移動するので町中で歩いているところを見掛けるわけがないからである。

コギャルが数100万円の西陣織の和服で渋谷を闊歩したらおかしいし、普通のOLが自分の狭いアパートで数10万円の洋食器でラーメンをすすったら変である。しかし、満員電車で呻きながらLouis Vuittonやエルメスやプラダを持つことはフランス人から見ればそれとなんら変わらない。
しかし日本人にはその辺が全く判らないらしい。

自分のお金(または「みつぐ君」のお金)で買える物を買って自分で使って何が悪いと言う意見もあるだろうが、それとこれとは話が違う。考えられないほど似合わない野球選手のファッション(アルマーニとLouis Vuittonと金のブレスレットと茶髪)を見たら誰だって悲しくなるだろうが、ファッションに人一倍気を遣っている筈の若いおね〜ちゃん達が、松井や松阪と同じようなことをやっているんだから訳が判らないのだ。
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
↑
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず