Tips of Macintosh - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2001.04.22[日]更新
topPage
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010
DoromPATIO
■ 蘊蓄&Tips@2001:FireWire/USB兼用HardDisk導入
TAXAN
TAXAN(加賀電子)DF30G
外観はまるで内蔵用の3.5inchのHardDiskだが実は中身は2.5inch
All Rights Reserved. Copyright (C)2000 KAGA ELECTRONICS Co.,Ltd.

コンピュータのデータは自分以外の誰も保証してくれない。OSやApplicationは正規ユーザーであれば必ずマスターディスク(=CD-ROM)があるが、自分が作ったデータ、自分で集めたデータは自己責任でバックアップしておかないと、ある日突然悲劇が起きる可能性がある。現在のバックアップの主流はCD-Rだと思うが、しかし、コンピュータに内蔵されているHardDiskが数10GBは当たり前という昨今では、1枚の容量がたったの650MB(ないし700MB)しかないCD-Rでは手間がかかって仕方がない。ちなみに今日只今現在、筆者のPowerBook G4のシステムフォルダーだけで、その容量は約860MBあるし、iTunesで変換したMP3が入ったフォルダーに至っては3.51GBもある。PowerBook G4以前は、長い間ミニタワー型のMacだったので2台のHardDiskを内蔵させていたからバックアップは問題なかったわけだが、そうは出来無いPowerBook G4の場合は、一番合理的に考えれば、別途大容量HardDiskを用意するしかないと言うことになる。
この場合、速度を考えると当然FireWire接続になるのだが、もう一台のiBookは旧型なのでUSBしかない。
ところが最近はFireWireとUSBの両方のインターフェースを備えた機器が色々と出だした。そこで久々に秋葉原まで足を伸ばして秋葉館でTAXANのDF30Gと言うのを買って来た。上の写真を見れば分かる通り、外見はまるで内蔵用3.5inch HardDiskみたいなのだが、実は中には2.5inchのIDE-HardDiskが入っており、外付け・内蔵兼用と言う非常にユニークな製品である。はっきり言って、デザインが面白いから買っちゃったのである。

さて。まずはDF30Gのマニュアルに従って、付属するCD-ROMから「Strage Master」と言うソフトをインストールする。
すると、下記の機能拡張書類と専用ソフトがインストールされる。
結構、色々なものがインストールされる
Strage Master
専用フォーマッターなのだろうが使う必然性は皆無(本文参照)
専用の機能拡張が動いている場合はHDはこのアイコンになる

次にマニュアルに従って機能拡張マネージャーで「File Exchange」をオフにしてから再起動する。と言うのは、こうしないとMS-DOSフォーマットのHardDiskとしてマウントされてしまうからである。
「File Exchange」をオフにしておくと「認識できないのでフォーマットしますか?」とFinderが聞いてくるので、ここでMac OS拡張フォーマット(HFS+)で初期化する。もちろん、一度初期化してしまえば「File Exchange」はオンに戻して良い。以上で準備は完了であるから、PowerBook G4の常用のパーティションの中身、総計6.93GB(つまりCD-Rなら10枚分以上である)をどわっとコピーするわけだが、我が経験則として、動作中のシステムフォルダーをそのまま別ボリュームにコピーしようとするとエラーになるので、ここでPowerBook G4の緊急起動並びにメンテ専用の別パーティション(ExHD)に起動ディスクを切り替える。

ところがである。
起動ディスクを切り替えたら、TAXAN DF30Gはそのまんま認識されてしまったのである。さっきマニュアル通りにインストールした8つの機能拡張はExHDのシステムフォルダーには入っていないのにである。と言うことは(一番最初はどうなるのか分からないが)少なくともMac用にフォーマットしてしまったら、Mac OS 9.1純正状態のFireWire用ドライバーだけでちゃんと認識すると言うことである。これは互換性の観点から非常に安心できる。なお、ついでに言えば、だから下図のようにMac OS Xでも、そのまんまちゃんと認識する。
Mac OS XにはFireWire接続のHDのアイコンが用意されているのが分かる

Mac OS X上で中身を見たところ
ちなみにMac OS Xは今のところは全くどうでも良いので
バックアップは取らない

こちらはもちろんMac OS 9.1
PowerBook G4とiBookのバックアップが完了した状態
専用機能拡張がない状態だと普通のHDアイコンになる
つまりMac OS 9.1にはFireWire接続HDのアイコンは用意されていない

と言うわけで、インストーラーでインストールされたものは結果的には機能拡張書類もApplicationも全て不要と言うことになる。それはまぁどうでもいいとして、とにかく約7GBをコピーしたわけだが、ざっと30分で無事、何のトラブルもなく完了した。コピーが完了した後、Disk First AidとNorton Disk Doctorでチェックをしたが、両者ともこれまた何の問題もなくちゃんとFireWire接続のHardDiskを認識し、そして勿論、ちゃんとチェックをパスした。とにかく互換性の問題はここまでは完璧である。
Apple システム・プロフィールでチェックするとこうなる
HardDiskのベンダーなどは分からない

続いてiBookとのUSB接続も問題なく完了。ただし、こっちは当然のようにコピーが遅い。TAXANのHomePageのスペックによれば、FireWire(IEEE1394)とUSBのそれぞれのデータ転送速度は下記の通りであるから(スペック上で実に33.3倍の差があるんだから)仕方がない。
  • 400Mbit/sec(IEEE1394バスMaxスピード)
  • 12Mbit/sec (USBバスMaxスピード)
そして互換性の最後の問題は果たして起動ディスクとして動くかどうかである。起動ディスクコントロールパネルを起動すると、下図のようにちゃんと認識している。
起動ディスク
起動ディスクコントロールパネルではちゃんとシステムフォルダーを認識しているのだが

しかし、少なくともうちの環境ではFireWire接続のHardDiskは起動ディスクにはならなかった。
筆者としては下記の点から全く問題はないし、なんとか起動ディスクにならないかと色々と試したりはしていないが、残念と言えば残念ではある。
  • TAXAN DF30GはMac OS 9.1純正状態で認識されるわけだから、つまりシステムCD-ROMから起動しても認識される
  • よってPowerBook G4にソフトウエア的に深刻なトラブルが発生した場合でもFireWire HardDiskから起動しなくても問題解決は可能である

と言うわけで、とにかくPowerBook G4とiBookのバックアップ体制が出来上がったわけだが、とにかくバックアップのポイントは「手軽に出来ること」に尽きる。そうじゃないと、やらなくなっちゃうのである。例えばPowerBook G4の約7GBのデータをCD-Rに焼こうと思ったら、いったいどれだけの手間と時間が掛かるかを考えれば分かる。バックアップは少なくとも一ヶ月に一回は実行したいわけだから、簡単手軽は必須条件なのだ。なお、2度目以降は差分データだけをコピーするのが望ましいので、そう言う場合には「Synchronize! Pro」などを使うと更に効率的である。Mac OS標準添付の「ファイル・シンクロナイズ」でも似たようなことは出来るのだが、筆者の目的とは微妙に違うので、やはり有償のサードパーティ製ソフトの方が安全確実である。
PowerBook G4+DF30G
FireWire接続の場合はACアダプターは不要である
それにしてもユニークなデザインだ

と言うわけで「Synchronize! Pro」による差分バックアップの実際。
PowerBook G4のHD
そのエイリアスを入れたフォルダー
「pbg4」がエイリアスを入れたフォルダー
「pbg4_backUp」は下図の設定ファイル
Apple純正のファイル・シンクロナイズと違って、どっちをマスターにして、どっちをスレーブにするかを設定できるのが便利。エイリアスを使う場合の認識形態なども細かく設定できる
差分コピーを実行しているところ。数分で済むから毎日やるとしても苦にならない
CASIO QV-3000EX CASIO Exilim EX-Z55 MacBook Pro
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
↑
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず