Tips of Macintosh - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2004.04.14[水]更新
topPage
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010
DoromPATIO
■ 蘊蓄&Tips@2004:PowerBook G4=3周年・他
毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO
こまめにアップデートされるMac OS X 10.3(Panther)

このところ(2003年の11月ぐらいから)非常に忙しくてHomePageの更新が全く出来ない状態が続いている。それでもなんとか時間を作ったのでMac関係について駆け足の近況報告をまとめてみよう。

我がPowerBook G4は無事、購入3周年を迎えた@2004年3月4日。そして同じ3月29日[月]にAppleロー〜〜〜〜〜ンの支払いも終了。後は新型PowerBook G4(あるいはPowerBook G5♪)が出るのを待つばかり。3年が経過したと言うことは、つまりAppleCare Protection Planも切れたわけだから、余計に新型には早く出て欲しいのだ。とは言っても、我がPowerBook G4は最初期の今やいちばん遅いPowerBook G4ではあるのだが、未だに通常の作業においては特に遅いと感じさせることもなく、毎日必ず10数時間以上、元気に活躍しているのは素晴らしいことである。

Mac OS X 10.3(Panther)も順調にMac OS X 10.3.3にまでアップデートされ、その他のアップル純正ソフトもSafariをはじめとしてちゃんと機能向上を続けている。つまりMac OS X 10.3(Panther)環境とPowerBook G4で作り出される我がコンピュータ環境は非常に快適であると言うことだ。これで新型PowerBook G4なりPowerBook G5になれば動作速度が格段に向上するのだからより素晴らしい。

ところで「iLife4」は出てすぐにAppleStoreで購入したのだが、忙しいから興味津々のGarageBandに触っている暇がないのが悲しい。但し、ほんのちょっと触った感じではPowerBook G4/400には重いのは明らか。新型を購入してから遊ぶ方が正解のようだ。
毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO
せっかく買ったのに忙しくて触る暇がないのが悲しいGarageBand

忙しい原因の仕事の関係で超久々にエプソンのスキャナー=GT8400UFを買った。勿論USB接続。標準でポジフィルムを読み込むオプションキット付き。性能は全く問題なし。価格は今や20,000円を大きく切る。本当はWindows版しかない最廉価版のGT7400Uで良かったのだが仕方がない。なおMac OS X用のソフトウエアはちゃんと動作し、スキャンは全てAdobe PhotoshopからTWAINで可能。勝手に起動項目になる「EPSON Scanner Monitor」は捨てちゃったって構わない。これが入っているとUSBで接続しただけでスキャンソフト(下記)が立ち上がるのだが全く余計な御世話だからである。
毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO
仕事に必要で久々に買ったが殆ど使わない

このところAdobe君が宜しくない。どんどんMacintosh版の継続開発を中止しているのは勿論、定番アプリケーションの新しいバージョンが使えないのである。
2003年暮れに発表になったAdobe GoLive CSは早速入手したのだが余りの酷さに使用1週間でAdobe GoLive 6に戻したぐらいである。再インストールが面倒(容量が馬鹿でかいのだ)なので下記のごとく(動作しないように)圧縮してしまったのだが、下記のようにバグだらけなので全く使えないのである。
まず、そもそもAdobe GoLive 6にもバグがある。
  • 今どき珍しく良く落ちる(T_T)
  • 「Copy & Paste」が出来なくなることがある(T_T)
  • 同じく「Select ALL(Command+A)」が出来なくなることがある
    (こうなっちゃったらAdobe GoLive 6の再起動しかない)
しかし動作は軽い。
これに対して、Adobe GoLive CSのバグは凄いのである。
  • ソースコードが変
  • 文字列の扱いが変
  • 文字列をペーストすると文字化け
これじゃ使えないでしょ、全く。色々と試してみたところでは、ペーストする場合の文字化け回避は例えば事前にペーストするところに「ああ」と入力しておいて、「あ」と「あ」の間にペーストすれば大丈夫。てぇことは文字コードの判定が目茶苦茶なのだね。
ソースコードは環境設定をちゃんとやっても「" "」が付いたり付かなかったりとか、「カーコードが文字だったり16進数だったり大文字だったり小文字だったり」だし、「文字列の扱い」はリンクがちゃんと張れないとか、文字の大きさがちゃんと反映されないとか。結果、ソースモードで直す必要が生じる。これじゃビジュアル・エディターの意味がない。
また……
  • やたらと重い
  • Adobe Photoshop(7)までもが異常に重くなる
  • Adobe GoLive 6のバグ(Copy & Pasteが出来なくなる)を引きずっている
  • ALTタグを書き込むウインドウで日本語を入力しようとすると意味不明の文字化けが起きることがある。但し入力結果は正しい。これはATOK16との相性か?
などなどなど。これじゃ全く使えませーん(-_-メ
はっきり言えば金返せの世界である。これだけ酷いのにネットのどこにも話題が出ないのは訳が判らない。これじゃAdobe Photoshop CSやAdobe Illustrator CSにも期待出来ないし、これらのWindows版CSも酷いらしいので当分はAdobe GoLive 6、Adobe Photoshop 7、Adobe Illustrator 10を使い続けるしかない。この「Adobeがの製品がいい加減」という話は非常に大きな問題である。
毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO
再インストールが面倒なので圧縮してある【苦笑】

追記:2004年4月13日にAdobe GoLive CS 7.0.2アップデータが公開されたので試してみたが文字化けのバグなどは全く直っていない。まったく話にならないAdobe GoLive CSである。

アップグレードしたら駄目だったというソフトをもう一つ。それは「宛名職人11」。これは何が駄目かというと、簡単に言えば入力画面(カード表示画面)が縦に長くなりすぎて画面を大きくはみ出しちゃうから使い物にならないというお粗末。Macintoshの世界で何よりも大切なユーザーインターフェースという金科玉条を無視しているのだ。とにかく「宛名職人11」を快適に使おうと思ったら画面の縦サイズが最低でも1000 pixelは必要になっちゃう。しかも11は10と比べて特に機能がアップしたわけではない。なので、当然、一端はインストールした11だったが直ちに削除して「宛名職人10」に戻したのであった。
Adobe GoLive CSと合わせて金返せ!!である(-_-メ

以前にMac OS 9.nでは可能だったF1〜F12キーに好きなキーボードショートカットを割り振ることがMac OS Xでは出来ないので困ると書いた(オリジナルのショートカットは色々なソフトで割り振れるが、筆者の場合は通常は「DragThing」で割り振る。メニューコマンドについては「Menu Master」で行なう)。
しかしいつの間にかMac OS X 10.3(Panther)のアップデートのうちに下記のような選択肢が増えて可能になった。筆者にとってはかなりの朗報である。
毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO
下のにチェックを入れる

4年以上使い続けているCASIO QV-3000EX with IBM-MicroDriveのマイクロドライブがぶっ壊れた。壊したのはワイフである【苦笑】。酔っぱらってCASIO QV-3000EXの入ったハンドバッグを振り回してどこかにぶつけたのである。CASIO QV-3000EXは何ともなかったのだがマイクロドライブは死んでしまった。
それではCASIO QV-3000EXが使えないので、ビックカメラで呆れるほどに価格の下がった普通の256MBのコンパクトフラッシュメモリーを購入した。価格は1万円ちょっと。4年前には存在しなかった容量であるし考えられない価格低下である。今までのマイクロドライブが340MBだから撮影枚数は240枚から160枚に減ったが影響はない。過去4年間で出先で240枚フルに撮影したことなど一度もないからである。
なお当然のようにマイクロドライブからコンパクトフラッシュに変えたら撮影後の反応(書き込み)が早くなったし電池の持ちも若干良い。
マイクロドライブ君は寿命だったと思うことにしよう(^^;;
それにしても、このHomePageのページはずっとCASIO QV-3000EXで撮影しているわけだが、未だに画質的な問題を感じることはないのだが、アマチュア用のデジカメは300万画素あれば充分と言うことなのだ。後はAdobe Photoshopがちゃんと使えればよいのである。勿論、4年前のデジカメの限界として「起動が遅い」「撮影間隔が長い」「でかい(これは余り気にならないがワイフはハンドバッグに入れるのに不便という)」などの弱点はある。前二者は問題で、絶対に愛猫ちゃん達の「これだ!!」と言う瞬間を撮り逃がす。しかし画質が充分なんだから半端な機種を買っても意味がないわけで、どうせ買うならニコンD-70っきゃないだろう。
CASIO QV-3000EX CASIO Exilim EX-Z55 MacBook Pro
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
↑
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず