小旅行記 - 等々力渓谷 - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage information That's談 Link
来夢&来喜日記 日々雑感 Guitars Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2009.07.22[水]
topPage
小旅行記
■ 等々力渓谷散策
等々力渓谷
何と言っても涼しいのが良い

(ちょっと時間が経ってしまったが)6月初旬の梅雨真っ最中の間の晴れの日を狙って、等々力渓谷に行って来た。行くのは小学校以来の筈だから45年ぶり以上。等々力渓谷は東京山手では知る人ぞ知る「え?なんで東京に?」な都会のオアシスである。詳しくは下記URL参照。
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/149/641/644/d00039481.html
http://home.catv.ne.jp/dd/ohmura/

とにかく、知らなければ通り過ぎるところにそれはあるのだが、等々力の駅を降りると凄く暑いと言うのに、等々力渓谷に降りるといきなりひゃっと涼しく感じるんだから素晴らしい。当日の気温は24℃だったが、渓谷に降りると18℃。なんで判るかと言えば、等々力渓谷の入口には大きなデジタル温度計が掲示してあるのだ。ワイフは九州の人だから勿論、等々力渓谷なんて知らないからビックリ状態。筆者だって小学校の時の記憶はないが、環境整備されたことだけは確かで小川の水は、やたらと綺麗だが、綺麗すぎるのと浅すぎるのとで魚など生物は何にも居ないみたいである【爆】。
等々力渓谷
小川の水は浄化されており完全に透明だが浅いので魚は居ない
等々力渓谷
途中の神社

等々力渓谷の唯一の欠点は里程が短いこと。途中の不動尊や神社などに参拝しても、あっと言う間に多摩川縁に出てしまう。しかし、ロケーションを考えれば欠点とはならないだろう。
等々力渓谷
多摩川縁に出ました。向こうは神奈川県

そのままUターンしても面白くないので右折して玉川タカシマヤを目指す。健康のためのウォーキングである【苦笑】。と、その途中で妙ぉ〜なお寺を見付けた。写真の通り、何やら得体の知れない造作物がゴチャマンと、しかもコンセプト無く鎮座在しているのだ【笑】。
等々力渓谷
なんじゃこれは。。。
等々力渓谷
河童のたま坊
等々力渓谷
これはインドの象の神様だよな。。。
等々力渓谷
カエル君
等々力渓谷
蟹さん

謎のお寺見学の後はひたすら歩く。暑い。タマタカまでは結構、距離がある(およそ徒歩30分の距離)。途中には喫茶店は一軒もない【苦笑】。そして、ほぼタマタカと言う直前になってカフェテラスを発見して、お茶。やっとこさ、一息つけたぞと。

その後はタマタカ(ウインドウ・ショッピング)、タマタカのシャトルバスでガーデンアイランド(ガーデニングとペット関係の別館)→ 再びシャトルバスでタマタカに戻る。これで普通に渋谷経由で電車で帰っちゃつまらないと言うことで、調布行きのバスに乗る。タマタカ前から246を環八方向へ出発するが、環八の手前で左折して裏道に入り、後はひたすら北上する。距離は長いが色々な景色が見れるし、なんたって均一料金だから長く乗るほどお得感がある。京王線と並行して走るようになる=世田谷通りに出るまでは通ったことのない道ばかりであるのも新鮮。調布駅南口に到着し京王線で千歳烏山までタマタカからちょうど1時間。それこそ小旅行感覚。

本日の締めは千歳烏山から旧甲州街道沿い徒歩約10分のケネディーと言うアメリカン・ステーキハウスでの夕食。ここは6月末まで(2年ほどずっと続いている)半額メニュー状態なので、安くてそこそこ美味しいのだが、半額じゃなくなったら誰も行かないだろう……と言う程度の店でもある【苦笑】。かくして、結構、充実した一日であった。
CASIO Exilim EX-Z55 MacBook Pro
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
←
↑
→
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず