MacBook Pro (Late 2008) - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2009.03.22[日]
topPage
MacBook Pro, Macintosh
■ その2:SuperDrive即日無償交換
MacBook Pro, Macintosh
AppleStore渋谷店2階奥正面のGENIUS BARのロゴ

便りの無いのは良い知らせ。あるのは故障が起きたとき。そうでもない限り、MacBook Proは順調、快適、快速、例によって例のごとく、毎日毎日、決して電源を落とすこともなくずっと快調に働いているから書くことが無いのだが、ありました、買って以来久々に書くことが。何かと言えば、それは光学ドライブ=SuperDriveの書込み不良。実は購入してすぐぐらいから、妙にメディアに敏感だな……みたいな感じは何となくあったんだけど、ここへ来てとうとう全く書き込めなくなったのだ。

具体的に経緯・経過を述べれば以下の如し。
  • 購入直後からDVD-R、CD-Rに限らず、書込みをする場合に不調に終わってメディアを吐き出すことあり
  • 別のブランク・メディアあるいは単純に再度挿入すればOK
  • それから5ヶ月弱(購入したのは2008年10月27日)の先週(2009年3月)iPhotoのバックアップを取ろうと思ったら見たことにないアラート出現。「この装置のレーザー出力の制御に失敗しました」
  • 手元にあった三つのメーカーのDVD-R(正確には「DVD+R」。メーカーはTDKとマクセルとイメーション)のどれを使っても同じ
  • こりゃ完全にドライブの故障であると判断
  • 但し、読み込み、マウント、DVDの再生などは問題なし

とにかく、書込みの出来ない光学ドライブは意味がない。修理である。保証期間内だからSuperDriveだけを無償交換して貰えばよい。しかし、普通に頼むと1週間ほどMacBook Proを預けなければならない。これは筆者の場合は絶対に容認出来ないこと。仕事も遊びも日常生活も全てMacBook Proが無ければ成立しないからである。

そこでまず、渋谷のQuickGarageに電話。結果から言うと「部品は全て取り寄せ。部品があればその場で直るが、昔と違って今はパーツ在庫は持たない」とのこと。しかし、電話に出た人(男性)の話によれば「AppleStoreなら部品があるはずで、あればその場で直るんじゃないですか?」と。なるほど。

そこでAppleのサイトでAppleStore渋谷店の電話番号を調べてiPhone 3Gで電話を掛ける。番号案内によれば故障修理は2である。そして電話に出た担当はAppleの全国コールセンター(に転送になるのだ)。ありゃ。その担当者曰く「渋谷店に転送は出来ませんので店舗に掛け直して『5:その他』を選んで下さい」さらに「AppleStoreならパーツ在庫があれば、その場の修理は可能なはずですが、まず在庫を調べて下さい」とのこと。

と言うわけで、言われた通りにAppleStore渋谷店に再度、電話をして、5を選択するが、待てど暮らせど、繋がらない。順次お繋ぎしますの虚しいアナウンスが流れるだけ。こりゃ駄目だ。

仕方がないからAppleのサイトからAppleStore渋谷店のページに行き、GENIUS BARの予約をする。これは前に銀座店で予約をしてiPodを修理したことがあるので慣れた作業。数日後の土曜日の午前11時に予約。コメント欄に症状並びに経緯、在庫の確認、QuickGarageとコールセンターそれぞれの対応内容、当日の作業希望などをしっかりと書き込む。勿論、こう言う場合はテキスト・エディター(Jedit X)で、事前に文章を作っておいて、コメント欄にCopy & Pasteするのである。

そして、予約通りに土曜日の朝から結構な人出の渋谷のAppleStore(公園通りのパルコやGAPの真向かい)へ。銀座店に比べるとちっちゃいがデザイン・コンセプトは勿論、完璧に同じ。銀座店と違って普通に動作するエレベーターで2階へ。予約時間より10分ほど待たされてGENIUS BARのカウンターに座る(冒頭の写真の手前)。

筆者の左側ではかなりの年配の男性客がPowerBook G4らしきモデルを修理に出している。その場でProCare(AppleCare Protection Planの上級コースというか、高い金を払って迅速修理になるものだろう。詳しいことは知らない)に入ったみたいだが、預けることになった。右隣ではおたくっぽい女性と店員が無限ループ状態。女性の主張する不具合が再現せず、中東問題のような状態になっているのだ。ご苦労さん。女性曰くの不具合は漠然としているのでどうしようもない。聞き耳を立てていたわけではないが、全て聞こえちゃうんだかしょうがない。

そして筆者の番。スタッフ用のPowerBook G4で筆者が送信済みのコメントまでオンラインでチェックなので口頭で説明すべきことは無し。ちゃんと保証書も持参したが、それを見せる必要も無し。そしてその場で実際にiPhotoでDVD-Rで焼くテストをするが、こう言う場合は必ずマーフィーの法則になるので正常動作する【笑】。しかし、スタッフ曰く「これはあくまで念の為ですから、ちゃんと交換しますから。トラブル・シートには『時々、書込み不良』と記載すればいいんです」だって。なるほど。

しかし、このあとの台詞は事前情報と違っていた。曰く
「本来は即日修理は出来ないんですよ。でも、コールセンターの人間が『出来る』って言っちゃってますよねぇ?」
「はい、確かに」
「それじゃ仕方がないですよね」
「お願いします」
「では例外と言うことで、お預かりして本日の17時に出来上がります」
「了解です」
「17時から19時の間なら受け取れます。バックアップは?」
「TimeMachine(Time Capsule)でバッチリ」
「それなら大丈夫ですね」
かくして「例外的即日修理依頼完了♪」である。らっき〜♪

残る問題は修理に出したのが午前11時半だと言うことだけ。仕方がないから帰宅し、出直すしかない。夕方にワイフと一緒に渋谷に買い物に出かけ、その途中の17時ジャストにAppleStore渋谷店に再度、訪れる。1階の混み具合は満員電車並み。若者や外人の集団がiPodなどのブースに群がっている。正に「これでSONYは業績が傾きました」を証明しているような状態【笑】。2階も満員。沢山売れていれば修理も多いと言うことだろう。だから17時より少々待たされて受け取り完了。伝票に依れば、有償なら44,000円だが、勿論、無償交換である♪

帰宅後動作チェック。早速、iPhotoのバックアップ(4.3GB単位でiPhoto Libraryを新設するようにしている)が問題なく完了。明らかに書込みが今までよりも速いことも確認。よーするに最初から不良品(動作不安定品)だった可能性が極めて高いのだが、交換しちゃったんだから今更関係ない♪
MacBook Pro, Macintosh
エフェクター改造作業でぐっちゃぐっちゃ状態の中のMacBook Pro
Photo by iPhone 3G

と言うわけで、例外的なる即日修理でMacBook Proは正常な状態に戻ったのだったのだったのだった♪ なお、上の写真は今回の顛末とは直接は何の関係も無いのだが、何を表したいかと言えば、それはMacBook Proが如何に筆者の日常に溶け込んでいるかと言うことなのであーる。ちゃんちゃん♪ とにかく一件、落着である。

アテンション!!筆者はコールセンター担当者の「失言【??】」により即日修理完了となったわけであるが、これは明らかに「Apple社の方針とは異なる例外処理」である。なので、このアーティクルを根拠にAppleStoreにねじ込んで失敗しても当方は一切責任は取れません!!
CASIO Exilim EX-Z55 MacBook Pro
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
←
↑
→
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず