Tips of Macintosh - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2001.05.09[水]更新
topPage
2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010
DoromPATIO
■ 蘊蓄&Tips@2001:

Mac OS X

Mac OS X v10.0.1
裏技実験室…そして
Mac OS X 10.0.1
Mac OS Xのバージョンが0.0.1上がったのだった

2000年4月13日以降、Mac OS X上で「ソフトウエア・アップデート」を起動すると、「ソフトウエア・アップデート」それ自身をアップデートする。次にもう一度「ソフトウエア・アップデート」を起動すると、今度はMac OS X(10.0.0)をMac OS X(10.0.1)にアップデートする。情報によればI/O関係などのマイナー・バグフィックスらしい。誠に残念ながら操作性が向上するとか、速くなるなど、そう言うことは一切無い。

ところでMac OS X最大の欠陥は(とっても矛盾した話ではあるが)Mac OS 9.1までのFinderが使えないことである。Mac OS Xパブリックベータでは無理矢理動かせたらしいが筆者は実験していない。そして正規版のMac OS XでばMac OS 9.1のFinderを動かすことは出来無いと雑誌やWebに書いてある。
しかしMac OS Xのクラシック環境の互換性は相当に高いので何とかなるだろうと実験してみた。そもそもFinderはアプリケーションである。しかしMac OSが動いている限りは必ず同時に動いているしFinderが無ければMac OSが成立しないと言う特殊なアプリケーションでもあるので、ファイルタイプが「FNDR」となっている(アプリケーションは普通は「APPL」である)。そこで、これを書き換える。昔ならResEditの登場だが、今ならもっと安全なFileBuddyが良いだろう。
Finder
FileBuddyでFinderを開いたところ
Finderはアプリケーションだが、特殊な存在なので
ファイルタイプは「FNDR」である
Finder
「FNDR」を「APPL」に書き換える
これで普通のApplicationになる
アイコンが色気のないものになるので
Finderのアイコンを貼り付けてある

なお、さらに安全のためにFinderのコピーを作り、名前を適当に変えて、それを加工するようにする。この結果、Mac OS X用のMac OS 9.1のシステムフォルダーの中に名前違いのFinderが二つあることになるが問題はない。何故なら、本来のFinderはクラシック環境では動いていないからである。
以上の結果、実際にMac OS X上で見慣れたMac OS 9.1のFinderを起動した状態が下図。Mac OS Xと比べて遙かに使い易いのは言うまでもない。つまりMac OS Xのクラシック環境でファイルを開くならこの状態が望ましい。だったら最初からそうすればよいと思うのは筆者だけではないだろう。本当に馬鹿げた話だ(-"-)
Finder
Mac OS X上で動作するMac OS 9.1のFinder
何で最初からこうじゃないんだろうねぇ〜〜〜

注意点:この状態でAdobe Photoshopを起動すると初期設定ファイルの認識がおかしくなって立ち上がらないと言った弊害もあるので、まず先にクラシック環境で利用したいアプリケーションが複数ある場合はそれを全て起動しておいてから改造版Finderを起動すると良い。
と言っても、繰返しになるが、現状のMac OS Xを使う意味は全くないので、以上の話はあくまで「趣味は無駄の追求」と言うコンセプトに乗っ取ったお遊びである【きっぱり】。ちなみにATOK14のMac OS X対応版がとっくの昔に届いているのにインストールもしていないだが、その理由はもちろんMac OS X 10.0(10.0.1)が使い物にならないからATOK14をインストールしても意味がないからである。

2000.05.09[水]追記:先週だかにMac OS Xのマイナー・バージョンアップがあって、10.0.1が10.0.2になったらしいとか、前述のように、既に宅急便で届いて久しいATOK14 for Mac OS Xを未だにインストールしてないとか色々あるので、超ぉ〜久々にMac OS Xを起動すべく起動ディスクを切り替えたのだが………。すると何故かMac OS Xのデスクトップになる前に、Mac OS Xを最初にインストールした時と同じウエルカム・ムービーとBGMが始まった。
とても嫌な予感。
そうなのである。何故か再び、ユーザー登録画面なのである。しかも。
仕方がないから名前や住所やE-Mailアドレスを一通り入力して、最後にログインの設定画面になって前と同じログインネームを入力して「続ける」ボタンを押したら、なな何と「その名前では登録できません」と来たもんだ。
こうなるとまともな方法としては別の名前でログインしてからUNIX的処理でルート権限を行使して云々になるんだが、しかしそもそも、そんなこたぁMacintoshの流儀じゃありません。結論。
Mac OS Xは、どぉ〜〜〜考えても最低でも、あと一年は全くじぇんじぇんまるっきり使い物にならないのだから、そんなもんに関わっている必要はないのであるのだから、だったらそんなもんをインストールしておく必要もこれまた全くじぇんじぇんまるっきり無いと。
以上から、それまで「Mac OS X」と名付けていた2GBのパーティションは、あっさりと初期化され名前も、そして役割も「Scratch」となったのだったのだった。
ちゃんちゃん♪ かくて当分、Mac OS Xとは関わりません【きっぱり】。

毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO 毒林檎談義 - Macintosh - DoromPATIO
CASIO QV-3000EX CASIO Exilim EX-Z55 MacBook Pro
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
←
↑
→
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず