Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
DoromPATIO DoromPATIO
topPage
information
That's談
Link
来夢&来喜日記
日々雑感
Guitars
Macintosh
DoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIODoromPATIO
2004.08.15[日]掲載
topPage
DoromPATIO
■ その8 その後の改造遍歴
2004.08.15[日]掲載 / 2005.07.26[火]追記 / 2007.01.29[月]追記 / 2009.07.07[火]追記
エスカッション

オリジナルっぽく戻したと書いた舌の根も乾かぬうちにGM8Rと全く同じ配線に変更。これでLes PaulとGM8Rは一応、完全互換となったわけである。
結局、見た目もカスタム仕様♪
愛機を並べて記念撮影
Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
なお、サウンドなどについての詳しい話はこちらを参照のこと。

2005.07.24[日]にマシンヘッドを前に付けていたグローバー製ロトマティックに戻した。その経緯はこちら
Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
グローバー・ロトマティックに戻ったGibson Les Paul
2005.07.24[月]撮影@北烏山自宅ベランダウッドデッキ
マシンヘッドを元のグローバーに戻した経緯はこちら

Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
クリックすると馬鹿でかい画像が表示されます【爆】


追記:現在の筆者の常用ギターであるGM8Rのネック加工を再度行ったついでに久々にLes Paul君を引っ張り出して来て、全く同じ理由で前から気になっていたネックの部分の加工を行った。文章で説明するのは難しいのだが、加工のポイントは同じなので詳しくはこちらを参照のこと。
Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
微妙で滑らかなRを得るために久々に再加工
Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
#1000のサンドペーパーで仕上げた状態
Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO
塗装完了。色合わせはしない【きっぱり】

追記:最近のGibsonのLes Paulの追加モデルの背面の写真。本家も、とうとうネックジョイント部の裏側に手を付けたわけだ。このモデルはフロイドローズ付きであるから、つまり今どきの曲を演奏するギター。となればオリジナルのLes Paulが苦手とするハイポジションが弾きやすくないと話にならない。まぁしかし、シングルカッタウェイだから本質的な解決にはならないとは思うけど、でも、それなりに弾きやすくはなるだろう。それにしても、削り方は本家の方がさらに大胆である。
Gibson Les Paul Deluxe - DoromPATIO

Gibson
http://www.gibson.com/jp%2Djp/home/
(c) Gibson Musical Instruments
DoromPATIO
CASIO QV-3000EX CASIO Exilim EX-Z55 MacBook Pro
猫 チンチラ 来夢&来喜
←
←
↑
→
↑

MacBook Pro
iPod and iPhone
Mac OS X
Tips of Macintosh
レシピ, recipe
書籍, 本, books
映画鑑賞, 洋画, movies
旅行, トラベル, travel
七不思議
Guitar, ギター
Bass, ベース
Effector, エフェクター, ペダル
Tips of Guitars
pageBack
http://company.insight-dp.com/ http://murmur.insight-dp.com/
(c)insight, inc. All Rights Reserved.
無断転載複写を禁ず